• 英語の予告編動画で学ぶ英語表現トップページ
  • はじめに
  • 作品一覧.gif
  • プロフィール
  • お問い合わせ

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』予告編動画で学ぶ!英語表現

2011.07.23 Saturday


動画URL: http://www.youtube.com/watch?v=mObK5XD8udk

今週は、劇場公開中の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(原題:Harry Potter and the Deathly Hallows - Part 2)の予告編から、英語表現をお届けします。

まずは、一度、予告編をご覧くださいね☆





2つの英語表現に着目しました!

------------------------------------------------------------

(1)動画の32秒目に注目を!

You have allowed your friends to die for you, rather than face me yourself. (お前は自分のために友を死なせたのだ、自分自身で俺様に立ち向かうどころか)

→ 闇の魔法使い、Voldemort (ヴォルデモート)のセリフ。

allow + 目的語 + to do で、「〜に・・・するのを許す;〜に・・・させておく」の意味です。また、face がここでは動詞(〜に立ち向かう;〜と顔を合わせる)として使われています。

------------------------------------------------------------

(2)動画の1分02秒目に注目を!

I never wanted any of you to die for me. (僕のために君たちの誰にも決して死んでほしくはなかった)

→ 主人公 Harry (ハリー)のセリフ。

want + 目的語 + to do で、「〜が・・・することを望む;〜に・・・してほしい」の意味です。

------------------------------------------------------------

【作品について一言】

Harry Potter シリーズの映画版が、とうとう完結!先週末、3D字幕版を鑑賞しました。

最終作品は、「幼い子が見たら泣いてしまうのでは・・・」と心配するほど、闘いが前面に出ていました。シリーズ最初の映画『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)のときの、Harry (ハリー)、Ron (ロン)、Hermione (ハーマイオニー)3人の愛らしい姿を思い起こすと、隔世の感があります。

YouTube には映画会社 Warner Bros. Pictures(ワーナー・ブラザーズ映画)の公式チャンネルがあるのですが、そこにHarry Potter シリーズのこれまでの軌跡を振り返る、ピッタリの動画がありましたので、ご紹介しますね。

"Harry Potter - A Look Back"

一人の作家(= J. K. ローリング) がつむぎ出した物語は、ここまで広がりを見せるんだ・・・!と驚いた10年間でした。



☆運営中の英語学習ブログ☆
1日1枚、写真で学ぶ英語表現(2011年1月〜)
1日1枚、写真で学ぶ英語表現(2008年〜2010年の過去ログ)
イラストで学ぶ!英語表現
海外ドラマ『となりのサインフェルド』で笑って学ぶ!英会話
語学書『今日から英語でTwitter』連動ブログ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

運営メルマガ

メルマガ語学のアトリエ通信

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

映画のセリフで味わう英文法

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

リンク

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM