• 英語の予告編動画で学ぶ英語表現トップページ
  • はじめに
  • 作品一覧.gif
  • プロフィール
  • お問い合わせ

映画『君への誓い』の予告編動画で学ぶ!英語表現

2012.06.16 Saturday



動画URL:http://www.youtube.com/watch?v=lA6d8Fvk8mk

今週は『君への誓い』(原題:The Vow)の予告編から、英語表現をお届けします。

まずは一度、予告編をご覧くださいね。




3つの英語表現に着目しました!

------------------------------------------------------------

(1)動画の0:31秒目に注目を!

Are you in pain? (痛む?)

Channing Tatum (チャニング・テイタム)演じる、夫 Leo (レオ)のセリフ。

名詞 pain は、「痛み」のことですね。

------------------------------------------------------------

(2)動画の0:32秒目に注目を!

My head hurts. (頭が痛いんです)

Rachel McAdams(レイチェル・マクアダムズ)演じる、妻 Paige(ペイジ)のセリフ。

hurt名詞動詞も同じ形ですが、ここでは動詞(自動詞)で、「痛む」の意味です。

------------------------------------------------------------

(3)動画の1:10秒目に注目を!

I need to make my wife fall in love with me again. (もう一度妻に自分と恋に落ちてもらわないと)

→ 再び、夫レオのセリフ。

I need to do は「私は〜する必要がある」の意味ですね。

また、使役動詞 make の使い方にも着目しました。「make +O(目的語)+動詞の原形」で、「O に〜させる」の意味。セリフでは、makeO(my wife)+動詞の原形(fall in love with me) となっていますね。

------------------------------------------------------------

【作品について一言】

原題に使われている 名詞 vow には、「誓い」の意味があります。

新婚生活を始めた、仲睦まじい夫婦を襲った突然の事故。妻ペイジの記憶喪失によって、存在を忘れ去られてしまった夫レオ

映画館で本編鑑賞中は、レオの立場(=配偶者に忘れ去られてしまう)に感情移入していました。

夫役レオを演じたのは、Channing Tatum(チャニング・テイタム)。彼は、以前取り上げた作品 Dear John(邦題:親愛なる君へ)にも出演していましたね。

映画『親愛なるきみへ』予告編動画で学ぶ!英語表現(2011年9月17日)

『君への誓い』の予告編では言及がありませんが、本編ではレオとペイジの「夫婦関係」だけでなく、ペイジと両親との「親子関係」も重要なテーマになっていて、それが作品に深みを与えていました。

20120616 thevow.jpg
画像:日本語版公式サイト( http://www.kimi-chikai.jp/ )のスクリーンショット



☆運営中の英語学習ブログ☆
1日1枚、写真で学ぶ英語表現(2011年1月〜)
1日1枚、写真で学ぶ英語表現(2008年〜2010年の過去ログ)
イラストで学ぶ!英語表現
海外ドラマ『となりのサインフェルド』で笑って学ぶ!英会話
語学書『今日から英語でTwitter』連動ブログ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

運営メルマガ

メルマガ語学のアトリエ通信

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

映画のセリフで味わう英文法

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

リンク

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM