• 英語の予告編動画で学ぶ英語表現トップページ
  • はじめに
  • 作品一覧.gif
  • プロフィール
  • お問い合わせ

映画『リンカーン弁護士』の予告編動画で学ぶ!英語表現

2012.08.04 Saturday



動画URL: http://www.youtube.com/watch?v=xU4ReVEemN0

今週は『リンカーン弁護士』(原題:The Lincoln Lawyer)の予告編から、英語表現をお届けします。

まずは一度、予告編をご覧くださいね。




2つの英語表現に着目しました!

------------------------------------------------------------

(1)動画の10秒目に注目を!

Let's roll, Earl.  (さあ行こうか、アール)

Matthew McConaughey(マシュー・マコノヒー)演じる、主人公ミックのセリフです。運転手席にいる Earl(アール)に話しかけています。

動詞 roll について、私たちが最初に習った意味は「転がる」ではなかったでしょうか。実はいろいろな意味がある面白い英単語です。Let's roll. で、「さあ行こうか;さあ始めようか」といった意味があります。

------------------------------------------------------------

(2)動画の20秒目に注目を!

Eddie, we had a deal. (エディ、もう手を打っただろう)

→ 再び、主人公ミックのセリフです。Eddie(エディ)は、ギャングのリーダーです。

名詞 deal には、「取引;契約」といった意味があります。このセリフでは、had a deal と過去形で使われているので、「(過去に)取引[契約]した」つまり、お互いの間で、すでに合意に達していることが伺えます。

------------------------------------------------------------

【作品について一言】

前知識なく、映画館にフラリと見に行った『リンカーン弁護士』。日本でいうところの「昭和時代」に舞い戻ったかのような雰囲気を醸し出している作品でした。

題名 The Lincoln Lawyer に使われている Lincoln(リンカーン)という名前は、主人公ミックが仕事場にしている高級車の名前からきています。



☆運営中のサイト&ブログ☆
語学のアトリエ(語学書・英語学習教材制作)
1日1枚、写真で学ぶ英語表現
イラストで学ぶ!英語表現
海外ドラマ『となりのサインフェルド』で笑って学ぶ!英会話
語学書『今日から英語でTwitter』連動ブログ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

運営メルマガ

メルマガ語学のアトリエ通信

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

映画のセリフで味わう英文法

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

リンク

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM