• 英語の予告編動画で学ぶ英語表現トップページ
  • はじめに
  • 作品一覧.gif
  • プロフィール
  • お問い合わせ

映画『白雪姫と鏡の女王』の予告編動画で学ぶ!英語表現

2012.09.22 Saturday



動画URL: http://www.youtube.com/watch?v=8CHXHEIGb7A

今週は『白雪姫と鏡の女王』(原題:Mirror Mirror)の予告編から、英語表現をお届けします。

まずは一度、予告編をご覧くださいね。




3つの英語表現に着目しました!

------------------------------------------------------------

(1)動画の51秒目に注目を!

Snow White is the most beautiful woman in the whole world. (白雪姫は世界で最も美しい女性です)

Armie Hammer(アーミー・ハマー)演じる、Prince Alcott(アルコット王子)のセリフ

形容詞 beautiful (美しい)が、the most beautiful (最も美しい)と最上級になっています。

------------------------------------------------------------

(2)動画の1分20秒目に注目を!

Go get it! (取ってきなさい!)

Julia Roberts(ジュリア・ロバーツ)演じる、Queen(女王)のセリフ。ホレ薬で puppy(子犬)化してしまったアルコット王子に対して使っています。

go and do で「〜しに行く」という意味があります。セリフも本来は go and get(〜を取りに行く)ですが、ここでは and が省略されて、go get になっていますね。会話ではこのように and が省略されることがあります。

------------------------------------------------------------

(3)動画の1分30秒目に注目を!

I need your help to defeat the Queen. (女王を倒すのに、あなたたちの助けが必要なの)

Lily Collins(リリー・コリンズ)演じる、Snow White(白雪姫)のセリフ。森で出会った小人たちに協力を求めています。

ここでの to defeat は「〜を倒すために」という意味で、不定詞の用法ですね。

[語句補足]
defeat 〜を打ち負かす、〜を打ち破る

------------------------------------------------------------

【作品について一言】

Snow White & the Huntsman(邦題:スノーホワイト)が今年6月に公開されたばかりだったので、同じ年に二つも「白雪姫」の映画が公開されるのが、まず不思議でした。

→ 『スノーホワイト』は、2012年6月23日の記事で取り上げました。

ですが、二作とも見てみたら、話の重点の置かれ方が違っていて、とりわけ「女王」の描き方が大きく異なっていました。

『スノーホワイト』では「暗黒の女王」という感じで怪しげな雰囲気を醸し出していましたが、今回の『白雪姫と鏡の女王』の女王は生活感に満ちていて、「天真爛漫さ」すらありました。

ところで、今回白雪姫を演じた Lily Collins(リリー・コリンズ)は、眉毛がインパクトありますね。素顔でも眉毛が濃いのに、作中ではメイクでさらに濃くハッキリと。なぜ、メイクでさらに濃くする必要があったのかな・・・と、ストーリーとは関係ないところが気になってしまいました。

運営サイト&ブログ

映画『バイオハザードV リトリビューション』の予告編動画で学ぶ!英語表現

2012.09.15 Saturday



動画URL: http://www.youtube.com/watch?v=hoyMT-7wEqs

今週は『バイオハザードV リトリビューション』(原題:Resident Evil: Retribution)の予告編から、英語表現をお届けします。

まずは一度、予告編をご覧くださいね。




3つの英語表現に着目しました!

------------------------------------------------------------

(1)動画の12秒目に注目を!

Rise and shine! (さあ起きて!)

Milla Jovovich(ミラ・ジョヴォヴィッチ)演じる主人公 Alice(アリス)に夫が呼びかけているセリフです。

二つの動詞を組み合わせた慣用表現です。動詞 rise は、「(太陽などが)昇る」「(値段などが)上がる」という意味を最初に学校で習った記憶があります。ここでの rise は、「起床する」の意味合いです。さらに、動詞 shine には、「輝く」という意味がありますよね。直訳すると「起きて輝いて!」になりますが・・・なんとも前向きで、面白い英語表現だなと思います。

------------------------------------------------------------

(2)動画の53秒目に注目を!

How nice to see you again! (また会えて嬉しいよ!)

Shawn Roberts(ショーン・ロバーツ)演じる、アンブレラ社のトップ、Albert Wesker(アルバート・ウェスカー)のセリフ。

動詞 see には、「〜が見える、〜を見る」だけでなく、このセリフのように「(人)に会う」という意味もあります。

------------------------------------------------------------

(3)動画の1分35秒目に注目を!

Umbrella is more powerful than ever.(アンブレラ社はかつてないほど強力になっている)

→ 主人公アリスのセリフ。

比較級(*セリフでは more powerful)than ever で、「かつてないほど〜である」の意味です。

------------------------------------------------------------

【作品について一言】

「怖いのは苦手」と言いつつ、映画シリーズ第5弾『バイオハザードV リトリビューション』まで、見てしまいました。

2002年に公開された第1弾から10年の歳月が経ちました。映像自体は圧倒的な進化を遂げたわけですが、強烈なインパクトがあったのは第1弾で、そのときに見た驚きを超えることはなかったです。

シリーズ作品は観客側がもとから一定の期待値をもっているので、その期待値を続編で毎回超えていくのは極めて難易度が高いですよね。

なお、原題 Resident Evil: Retribution で使われている名詞 retribution には、「仕返し、報復、天罰」という意味があります。

運営サイト&ブログ

映画『それでも、愛してる』の予告編動画で学ぶ!英語表現

2012.09.08 Saturday



動画URL: http://www.youtube.com/watch?v=ttv-gvOzaPw

今週は『それでも、愛してる』(原題:The Beaver)の予告編から、英語表現をお届けします。

まずは一度、予告編をご覧くださいね。




2つの英語表現に着目しました!

------------------------------------------------------------

(1)動画の49秒目に注目を!

主人公:I'm sick.(病気なんだ)
ビーバー:Do you want to get better?(良くなりたいのか?)

Mel Gibson(メル・ギブソン)演じる主人公 Walter(ウォルター)と人形の Beaver(ビーバー)の会話です。

get better は、「(病気などが)良くなる」の意味です。

------------------------------------------------------------

(2)動画の1分53秒目に注目を!

When I was a little kid, all I ever wanted was to be like you. Then when I got older, I just wanted to be anybody else.(子どものころは、父さんみたいな人になりたいって、ひたすら望んでいたんだよ。それから大人になってからはね、父さんみたいな人だけにはなりたくなかった)

Anton Yelchin(アントン・イェルチン)演じる、主人公の息子のセリフ。

get older は、「年を取る」ことを意味します。息子にこんなことを言われたら、お父さん、ショックですね・・・。

------------------------------------------------------------

【作品について一言】

「ビーバー」というと、動物のなかでも「働き者」という印象があります。そのため、原題 The Beaver を初めて見たとき、「働き者の物語なのかな?」と私は予想したのですが、その予想とは全く別の世界が広がっていました。

Mel Gibson(メル・ギブソン)演じる主人公の男性が、人形のビーバーを使って腹話術をし、自分の思いを代弁してもらうという設定なのでした。そして、このビーバーがくせ者なんですよね。ビーバーが「代弁者」ではあきたらず、「支配者」になりかけたとき、主人公は信じられない行動に出ます。

『それでも、愛してる』は日本では大規模に公開されたわけではなく、私も「シネスイッチ銀座」 という映画館まで見に行きました。普段は最寄のシネコンで映画を見ているので、こうしたミニシアターに出かけると、その独特な空間も含めて非常に楽しいです。

運営サイト&ブログ


英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

運営メルマガ

メルマガ語学のアトリエ通信

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

映画のセリフで味わう英文法

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

リンク

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM